無垢材の造作材メーカーとして日本一の生産量。工場見学はどなたでもお気軽に!

HOME > トラブル事例 > シートラッピング枠が膨張したため発生した、玄関の補修工事

シートラッピング枠が膨張したため発生した、玄関の補修工事

●工事前
シートラッピングで作られた枠の補修の実例です。

写真では判りませんが、ドライバーが示すところが膨らんでいる部分です。

これを補修するために、大掛かりな工事が必要になりました。
●工事中
補修となると、回りの枠は全部取り替えになります。

このように、部分的に補修したくても、周りまでぐるっと取り壊し工事をしなくてはいけません。
枠だけではなく、周辺のクロスも張替えになります。

壁をご覧ください。
こちらは他の部屋ですが、窓枠に予防策としてネジ穴にアクリル樹脂を注入した写真です。
玄関の工事の写真にもどりましょう。

呼吸する木の枠にしました。これからクロスの張替えをします。
●工事後
こちらが完成です!
木の枠に変えたので、大掛かりな補修はなくなります。

また、玄関を入るときに木のいい香りがするのも好評です。
 

工事後の感想ですが、最初からキチンとしたものを使用していれば
全くもって不必要な工事だったと思いました。
築後2年でこれでは先の2年後、5年後どうなるか不安です。
いくら工事した箇所以外の問題が出ていない部屋の窓枠にアクリル樹脂での
予防をしてくれたところで今後問題が発生しないとは言い切れないはずです。

予防は間違ったものを使ったから必要になったことであり、
繰り返しになりますが最初からキチンとしたものを
使ってくれていれば必要ないことだと思います。

後日同じ問題が出たときは泣き寝入りをしなくてはならないのでしょうか?
工事は延べ約1日。工事をする職工さんも後付け作業で
大変そうでしたし工事中は立ち会わなくてはならなかった
私らの時間はもったいない時間でした。

改めて玄関を眺めると、クロスの部分が邪魔でしょうがないです。
壁側のクロス部分に追加で無垢枠を入れたくなってきました。
工事に費用掛けたくないので、枠材購入して自分で出来るといいのですが。
そんな商品あったらいいかも、です。
それにしても、玄関入るとほのかに香ってくるというのはいいです。
人を招きたくなりますよ。



投稿者 造作材.com :2005年07月26日|

■ トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kimuramokuzai.greater.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/138

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。

工場で無垢造作材の製造工程を
ごらんください。
新規お問い合わせを一時停止しております。

造作材.com
へのご連絡

埼玉県北本市深井6-80
TEL:048-542-8111(代)
FAX:048-542-0809
Mail: メールアドレス
現在、新規のお問い合わせを一時停止しております。ご迷惑をかけ申し訳ありません。

営業時間

AM8:10~17:20

休日

日・祝・第1、第2、第3土曜日休み
詳細は休日カレンダーを参照してください。

当社の特徴

無垢造作材の商品

造作材プラネットカラー

最新情報を見たい方

rss RSSを購読

My Yahoo!に追加
goo RSSリーダーへ登録
livedoor Readerへ登録

ブックマークしたい方

はてなブックマーク
Livedoorクリップ
Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!

全はてなブックマーク数

私はチームマイナス6%です
当社はチームマイナス6%に参加しています。

supported by ホームページリニューアルセンター