無垢材の造作材メーカーとして日本一の生産量。工場見学はどなたでもお気軽に!

HOME > 商品について > 柾目で作る押入材

柾目で作る押入材

マンションなどに多く使われる、押入材を米栂(カナダツガ)で製作しています。
当社の最大のポイントは、柾目で押入前框や後框を製作していることです。
押入前框は、襖の内側とはいえ、お客様から見える場所ですので、
柾目にこだわっています。板目で押入前框を作った場合、柾目よりも
収縮率が高いので、どうしても反り易くなってしまいます。
経年変化を考えると、柾目の前框をお勧めします。
また、最近では各建材メーカーさんが押入ユニットを作って販売していますが、
押入ユニットの欠点は、
・引き出しがすぐ渋くなってしまう
特にマンションにおいて、押入はふとんだけが入る場所ではありません。
書籍などを入れたダンボール箱が収納されることが多く、
重量のある荷物を押入の中段に載せた場合、引き出しがすぐ渋くなってしまって
開き難くなってしまいます。渋くなった引き出しは、歪んでしまっていることが多く
入居者にはまず直せません。
・前框上部のシートがはがれてしまう。
押入ユニットの前框はプラスチックシート貼り、あるいは単板貼りになっています。
ふとんの出し入れなら問題ないのですが、書籍などのダンボールを乗せて
前框の上から押し込んで出し入れをすると、前框上部のシートがだんだん
はがれてきてしまいます。はがれたシートは入居者には直せない場合が
大半です。
以上の理由で、当社では押入ユニットをお勧めしていません。
ふとんの湿度を吸収するためにも、無垢材の前框、後框、根太、雑巾摺を
お勧めしています。



投稿者 造作材.com :2005年07月21日|

■ トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kimuramokuzai.greater.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/32

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。

工場で無垢造作材の製造工程を
ごらんください。
新規お問い合わせを一時停止しております。

造作材.com
へのご連絡

埼玉県北本市深井6-80
TEL:048-542-8111(代)
FAX:048-542-0809
Mail: メールアドレス
現在、新規のお問い合わせを一時停止しております。ご迷惑をかけ申し訳ありません。

営業時間

AM8:10~17:20

休日

日・祝・第1、第2、第3土曜日休み
詳細は休日カレンダーを参照してください。

当社の特徴

無垢造作材の商品

造作材プラネットカラー

最新情報を見たい方

rss RSSを購読

My Yahoo!に追加
goo RSSリーダーへ登録
livedoor Readerへ登録

ブックマークしたい方

はてなブックマーク
Livedoorクリップ
Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!

全はてなブックマーク数

私はチームマイナス6%です
当社はチームマイナス6%に参加しています。

supported by ホームページリニューアルセンター